読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ありえない!?ピーアイボンドが激安!

主剤は袋に入っているため!扱いにくいけど!ペットボトルに移しかえるか!袋の上端の端を少し切って使うと良いと思います。木口接着強度が高いのと!粘度がちょうど良いのでホゾの接着に非常に重宝します。接着力は白ボンドとは比べものになりません。

イマが買い時♪

2017年03月10日 ランキング上位商品↑

ピーアイボンドオーシカ ピーアイボンTP-111・H-3M 1.15kg x 1セット

詳しくはこちら b y 楽 天

パック内の主材は粘度が高く、袋から都度垂らして小分けして使うのは不便です。架橋材は空気に触れると硬化が早いので、しっかりフタをして保管しておきます。別の方もレビューで書いておられますが、キッチンスケールがあると便利です。板矧ぎには今のところタイトボンド3が重宝しています。そのわりに水性なので、乾く前は水で器具の洗浄ができます。家具で使いたかったので買いました。初めて購入しましたが凄く良かったです。固まるとまっ白なので、跡が気になる場所に使う場合は、アクリル絵の具で着色すると良いです(メーカーさんに確認ズミ)。中々!良い商品らしいですよ。架橋材はノズル付きの容器に移し替えておき!ポタポタと垂らすようにして計量します。先に書きましたが!粘度が高いので自分は板矧ぎには使いません。家具製作の仕事でいつも使っている接着剤です。袋から主剤はべたついて出しにくいかな?そう思う人はいると思います。なお、少量使うときは、0.1g単位で量れるハカリが必要です。重厚で目の詰まった材料でも、キチッと接着するので、愛用しています。強力です。というか!それがないと計量できません。耐水性があり、一度乾くと水に浸かってもふやけません。自分は、ホームセンターなどで安価に販売されているフタ付きの寸胴広口ボトルに移し替え、スプーンなどで必要量をカップにすくい取ります。使い方さえ慣れてしまえば、とても使いやすい接着剤です。100円値上げしていいのでプラスチック容器にしてもらえないでしょうか?。主剤に架橋剤を混ぜるタイプで!面倒くさいと感じるかもしれないけども!それを上回るメリットはあります。接着部分が黒くならないのが良いです。いままでは問屋さんを通して購入していましたが、20kg単位の販売で使い切るのに時間がかかってしまうのが難点でしたが、今回woodyjoeさんで1kg単位で販売されていることを知り感謝しています。建築関係に使用します。袋内の液はドロリとしていてペットボトルに移しにくいですね。メーカーからの購入だと1kgパック×15パックが1ロットで!1パックから購入できるお店は探してもなかなかありません。しっかりくっつきました。ローラーで塗布すると飛沫がはねるので。2液を重さで計って混合するのは面倒です。